M.N様邸新築レポート その2

2009.04.04 12:00|新築
こんにちは、エスプリホームです。
今日はM.N様邸建築予定地の整地作業と地盤調査についてレポートいたします。

約97坪の敷地に延べ床面積約41坪の和風住宅を建てることになりました。 高台の閑静な住宅地で、とてもよさそうな場所です。 今回は写真とともにお楽しみください。

すばらしいローケーションの立地。

N様邸建設予定地は高台の閑静な住宅地で、地元にお住まいのN様が気に入られて購入された土地は見晴らしもよく、新築後の2階からの眺めはとても良いものになるでしょう。

敷地も広く、庭や駐車場を大きく取りたいとのことでしたので、理にかなったマイホームを建てることができそうです。

3月26日、建設予定地は大きな石などがごろごろとしている上に雑草が被い茂っていたためパワーショベルを使い表層土を撤去し、整地しました。


片隅には以前ここに住まわれていた方が残していかれた物なのか小さな木が元気に立っていました。 お庭の隅に残しておいてもいいですねと施主様と談笑しました。

N様邸の建つ一帯は閑静な住宅地なので、色々と配慮していても工事期間中なにかとご迷惑をおかけすることになるかとご近所の方々にご挨拶に伺いましたが、ご近隣の皆さまは新しい住人の越してくることに大変歓迎してくださいまして、こちらまで嬉しくなってしまいました。

このことを施主様にお伝えするととても喜んでいました。 やはりご近所さんとはいいお付き合いがしたいですものね。


地盤調査、スウェーデン式サウンディング試験

3月27日、整地が無事終わり地盤調査を行いました。 地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験というもので、1976年にJIS規格として制定され、現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されています。

鉄の棒の先端が細くなった螺旋状のロッドを取り付け、地面に垂直に突き立てます。 あとは計測するための機械をセットし、重りをセットしてロッドの降下状況を観察し記録します。

地盤が軟らかいと重りの重さだけでもロッドが地面に沈んでいきます。 止まるとモーターでロッドを回転させ沈み具合を細かく調査します。


地盤が弱いと不同沈下による家の傾き、基礎や外壁のひび割れなどが発生する原因となるため、費用はかかってしまいますが、毎日暮らす家だからこそよく把握しておきたいものです。

もし、これから家を建てようと考えている方は、気になる土地を見つけたら近所の家が傾いていないか、壁にひびなどが入っていないか、よく観察してみましょう。

それから、できればご近所の方に土地の地盤などについてさりげなく聞いてみるのもひとつの手です。 昔は池だったとかって言う話は多分にあるものだからです。

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

タグ:新築

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール


Welcome to Esprit Home's blog !
エスプリホームスタッフが日々思いついたことやスタッフの近状、またエスプリホームのイベントや現場の進行状況などをちょこちょこと綴っております(●´∀`●)

気になることやご質問などお気軽にコメントお待ちしております☆

▼ホームページへはこちらをクリック▼

北九州の注文住宅はエスプリホーム/新築·リフォーム


  
 

スタッフ

エスプリホームのスタッフです!写真をクリックするとそれぞれの記事にとびます♪


  • 社長
    趣味:魚鑑賞、バラ鑑賞
    社長

  • いはら
    趣味:サッカー観戦、ワンピース、カフェ巡り
    いはら

  • よしだ
    趣味:ダンス、読書、DVD鑑賞
    よしだ

  • わかきだ
    趣味:読書、ドライブ、猫と遊ぶこと
    わかきだ

 

最新記事


 

HS月別アーカイブ


メールフォーム

気になることなどご質問や資料請求などがございましたら、こちらからお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク